2010年秋ドラマ 最終回

ドラマも続々と最終回を迎えてますねー。
5個見てましたがダントツで気になったドラマはやっぱりギルティ。
その次はフリーターかなぁ。
パーフェクトリポートと流れ星もどうなるのかなと思いながら見てましたが。


黄金の豚

半分実話みたいだったので心境的には複雑ですがなんとなく見続けてました。
やっぱり彼女の「演技」が気になってしまいましたねぇ・・・。
岡田将生氏はポイント
パーフェクトリポート

松雪氏の声が聞き取りにくいところもあってちょっと・・・でした。
事件現場の目撃でPTSDになったりって実際にあるんだろうなぁ。
そして自分の記事のせいで不幸なことが起こることも。
その反対に自分がずっと気にしていたことが相手は全くそんなつもりじゃなかったとかっていう誤解もありえる。
ちょこちょこっとそういう部分も描かれていたので見続けていたのかな。
最後は一部の人が新たな道へ進んだ。
職場の仲間や組織のことが上手く描かれてたかなー。


流れ星

このドラマもいろいろ考えさせられた。
結婚を考えている相手に兄弟家族のためにドナーになってほしいといわれたら・・・。
自分の体には傷が残るし恐怖もある。
最終的に決めるのは自分だけどしてもしなくてもいろんな思いが起こりそう。
最終回はゴローちゃんが生きてて驚いた
でもゴローちゃんはゴローちゃんなりに妹のことを考えてうまくいくように取り計らったしよかったかな。
違う兄弟愛の形だったけど思う合う気持ちは同じ。
その方向がちょっと違っただけ。
最初内容は韓ドラチックだなと思ったけどギャンギャン言い合うシーンがなく静かに進んだところが違うかな。
月9枠では異色だけど良かったと思う。


ギルティ

最後までどうなるのか・・・とドキドキした。
仕組まれた冤罪。
自分の利益しか考えない人たちが罪のない少女を罪人に仕立て上げた。
最終回は捕まるか自殺するかだと思ってたけどやっぱり自殺でした。
最後の復讐の相手、水路に三沢の息子を落として上から水を入れて殺すところは怖かった。
オーナーが絡んでたのは意外な展開。
でもあれは必要なかったのでは・・・と思ってしまった。あれが更に追い討ちをかけたみたいな感じでより残酷物語になった気がする。
それよりメイコの父親が三沢だった方が衝撃的だと思うけど。
確か、愛人を作って出て行って、父親に似てるから母親はメイコを嫌ってたんですよね。
最後の毒を飲んで死ぬシーンはロミオ&ジュリエットを思い出した。
前々回ぐらいの最後のシーンで真島がメイコに「愛してる」って言ってすぐにエンディングテーマの「愛してるーっていうあなたの言葉がさよならよりも悲しい」って流れた時は「あー、このセリフでこの流れで歌かー」って思ったけど最終回のメイコが「愛してる」って言ってまた「愛してるーっていうあ


なたの言葉がさよならよりも悲しい」ってこういうパターンもありかと思った。
最終回は真島側からみた歌詞だからどちら側の歌でもあるよね。
とにかく、毎回楽しませてくれたドラマでした。
やっぱり菅野美穂氏は上手いね




フリーター家を買う

就職してもすぐに辞めてしまうことが多いと聞いたけどその一例かな。
家族との関わりや社会との関わり、続けることによって見えてくるものがあるという学び。
そして「母親が元気に暮らせるいを建てる」という目的を見つけてがんばる姿や応援してくれる仲間。
とても惹きつけられるドラマでした。
最後は真奈美にも言うこと言ったし(笑)、家も父親と一緒にローンを組むことで引っ越せたし。
お姉さんも姑とか旦那とかと話し合えたし、どこにでもありそうな日常が詰まってたドラマ。
心の病も残念ながら増えている世の中だし。
でも希望を持って明るく前向きにと言う気持ちにさせてくれた。




 
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blogへ人気ブログへにほんブログ村へBlogPeopleへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


参加しています

  ブログランキング・にほんブログ村へ
タグクラウド

Ad4
Counter 2009.4.5~
Ad2
Archives
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

るなるるるん

Author:るなるるるん
ドラマ、映画、音楽、懸賞、日々のあれこれ

リンク

サイドバー背後固定表示サンプル

美容整形